スキップしてメイン コンテンツに移動

Making of Recovery TA [5]

決定された問題のアイデアを、チームで分担して実際のデータとして具体的な形にします。私はディレクター的な立場なので、はじめのうち具体的な問題データ作成にはノータッチでいました(一部の問題の仕上げの段階ではタッチしています)。しかし一昨年のDQ5の時にデータを作成した経験から言って、実はこの作業はかなり楽しいです。データ作成自体がひとつの制限プレイであるという内的な楽しみと、実際にお客さんの目の前でプレイヤーが対峙するデータを自分で作るということを考えてどういうネタを仕込もうかなと考える外的な楽しみのふたつが味わえます。これこそリカバリーTA問題作成の醍醐味です。

データ作成は8月の終わりくらいからはじめ、10月の頭ころに一度作られたデータをチーム全体で見る会合を開きました。そうして行なわれた第1回データチェック会合。いきなり重大な問題に気づいてしまいます。

それは第1問。今までわざと曖昧にしてきたのですが、じつはこの問題は元々
  • ゲートクリスタルに一切触れないデータを作る。
  • サブイベント「アースドラゴン退治」をアースドラゴンと戦うことができるまで進めておく。
  • バーフォンハイムからスタートし、レイスウォール王墓でデモンズウォール(手前)を倒すとクリア

とする予定でした。バーフォンハイムからチョコボに乗ってラバナスタ経由でレイスウォール王墓までチョコボを乗り継いで行くけど、途中アースドラゴンを倒せばショートカット開通により時間短縮、とそんな感じで考えていたわけです。今考えると結構アイデアの段階で危うい感じのするネタですが…。

実は、この問題は破綻しているのです。何がおかしいかこれを見てわかりますか?どこが破綻しているのかというと、実はゲートクリスタルに一切触れなくても、ラバナスタはテレポ可能な地点に登録された扱いになっているのですね。さらに、テレポストーンはバーフォンハイムで買える。…おわかりですね。

これは盲点でした。詰めが甘かったのかもしれませんが…リカバリーTAの問題作成はこういうトラブルも起こりえます。昨年は念のため10月頭チェックを入れておいたのは正解だったと言えます。一昨年のDQ5のときは11月頭くらいまでのんびり(駒場祭は11月20日前後で開催)データを作り、その後問題作成半全員でブラッシュアップをかけるという感じでやっていました。

この段階ならアイデア練り直し・データ作り直しもがんばれば間に合うかと思いましたが、最初のアイデアはできるだけ活かしたいし、作ったデータも無駄にしたくない。そこでベーシックなコンセプトは変えず、クリア条件を変更しデータもそれにあわせて少しの直しにとどめようという方向性で、新たにどういうクリア条件がいいかを考えることにしました。

とりあえず、ラバナスタに最初からテレポできるようになっているのだから、スタート地点はラバナスタにするべきだろう。その上でテレポが制限された状況下でチョコボを念頭に置いた効率的な移動方法の設計を問題に含めたい。そしてプレイヤーに選択の幅を持たせ、戦闘も交えることのできるアイデア…。と問題にふさわしい条件を考えていくと、各地に点在するモブをいくらか倒してもらうのがよいのではないかというアイデアに突き当たりました。

他にも「ドクターシドを倒す」「ラバナスタ以外のゲートクリスタルに10個触れる」など別のアイデアもありましたが、「プレイヤーに選択させる」といった要素、また「戦闘を含む」という要素、「達成したのがわかり易いクリア条件にする」といったことを考えて、最終的にモブをあと2体倒すとクランランク上昇する状況にしておいて「バブル入手」に。条件が明快に書けるしラバナスタで始まりラバナスタで終わる(クランショップでバブルを買うという想定なので)、ひょっとしたらラバナスタだけで片がつく場合もあり得る、という問題になったのでした。

私はこれでよかったと思っているのですが、「バブル入手」はわかりづらいという意見も。これは当日配布のリーフレットでフォローしましたが。リーフレットの話は後々したいと思います。さて、今日はかなり長くなってしまいましたがまだ他の問題の初回データチェックの話が終わっていません。次回はこの続きになります。

コメント

このブログの人気の投稿

自宅録画サーバー再構築マニュアル(ソフトウェア編)

2015年のアニメも4月新番がぼちぼちと放映開始しだしました。
困った時にサーバーを迅速に再構築できるようにするための備忘録。OSはUbuntu Desktop(バージョンは、これを書いた時点で14.10)はとします。

ストレージをたくさん積んでいるマシンなため、録画サーバー以外にもTime Machineのバックアップ先などの用途を持たせています。それも含めて記しておきます。

ストレージの構成容量単価が現時点で一番安かった3TBのHDD複数台をストレージとしてサーバーマシンに搭載。ファイルシステムはBtrfsです。
Btrfsは正式版のリリースはまだとはいえ、SUSE Linuxなどで標準採用されているなどの実績を信頼して採用します。メリットとしてはファイルシステムにRAID+LVM相当の機能が組み込まれていること、スナップショット、そして透過圧縮のサポートです。今回は3TBのHDD4台をRAID10にしました。(RAID5/6はまだテスト以外には使うなと書いてあります)

やることとしては
aptでbtrfs-toolsをインストールmkfs.btrfsコマンドでストレージのフォーマットマウントポイントを決める(/media/btrfsdなど)必要に応じてサブボリュームを作成/etc/fstabを編集し、起動時にマウントするように設定。必要に応じて/etc/hdparm.confを編集。spindown_timeなどを適宜設定。
LinuxにおけるBtrfsのストレージプール、サブボリュームとスナップショットの管理方法 (パート 1)LinuxにおけるBtrfsのストレージプール、サブボリュームとスナップショットの管理方法 (パート 2)Btrfs - ArchWikiなどが参考になります。

リモートログインキーボードやマウスをサーバーごとに用意するのは鬱陶しいですからね。

SSHapt-get install ssh/etc/ssh/sshd_configを編集。PermitRootLoginをnoに、PasswordAuthenticationをyesに。パスワードなしでログインできるように設定(ssh にてパスワードを使用しないでログインする方法とか参考に) ssh_configのPasswordAuthenticationをnoに。VNCだいたいsshがあれば用足…

C90 3日目

C90に参加してます(ジャストナウ)
頒布作品リストをまとめました。

【新譜】
Sekaiju no MeiQ: Piano Pieces 3.5 ¥200

世界樹5の前半通常戦闘曲のピアノ・カバー音源CDと楽譜セットです。 なんともう出た。1曲だけですが……

【既刊】
Sekaiju no MeiQ: Piano Pieces vol.1〜3
1が¥200、2・3が¥300
同じく世界樹シリーズのピアノカバー作品。こちらはいずれも3曲収録で、音源CDと全曲楽譜セットです。

7th Dragon Arrange Tracks volume EIHORT ¥200
ナナドラ電子音楽カバーアルバム。2曲収録

転 ¥500
サガシリーズのアナログモノシンセ多重録音カバーアルバム。6曲収録

スペースナンバーは西3ホールi07aです。「西いおな」って覚えてください。よろしくお願いします。

M3 2016秋参加します。

明日(2016/10/30)東京流通センターで開催されるM3に参加します。

頒布する新譜のデモです↓


全2曲ですがおよそ50分収録のアンビエント作品のCDをリリースします。

新譜「Protoplasm」予価300円
Cytosol 28:40Vacuole 21:50
今回はmoog mother-32とmake noise 0-coastという2台のセミモジュラーのシンセの音にディレイ、リバーブを加えた1発録りスタイルで制作しており、DAWは録音と最後のマスタリングのみで使っています。
無心になって聞くのもよし、作業用BGMに使うもよし、瞑想的な感じの音になっております。

また夏コミ新作だった世界樹5通常戦闘曲のピアノアレンジ作品も持っていきます。その他旧譜各種取り揃えております。ぜひ遊びに来てください。ブース番号は「第2展示場 ケ-05b」です。お待ちしております。