スキップしてメイン コンテンツに移動

RTAの表現形式に関する雑感

文書の形でレポート公開したり、リファレンスを示したりするのはRTAをやって改善しようという人のための利便のためという側面はありますよね。

あるいは、RTAの歴史をまとめようとする人のための利便かもしれない。いずれにしろ蓄積されて、共有されるものが財産であるという。

そこで情報処理の効率を高めるため、文書の形にまとまっているというだけでなく、読みやすく整理されていなければいけない。アカデミックな文書がフォーマットに厳格なのはそうした価値を尊重しているからのはず。

しかし一方で公開されたものを読んで楽しむという人がいるわけで、というかやり込みの「お客さん」を考えるとそれが大半なわけで。そうした層を考えたとき、文書の書かれ方も違ったものになってくるし、あるいは動画などの別メディアがプレゼンテーションとして面白ければ、そっちに表現が移行していくことになる。

ここら辺は、音楽における楽譜出版と録音物との関係に似ているかもしれません。録音がなかったころは音楽を広く公表する手段は楽譜出版でした。今はそうではありません。むしろ楽譜が世に出てない音楽がほとんどで、そうした音楽を分析するには耳に頼るしかない。その音楽が、誰の影響を受けて作られたか、それは語られない限り聴いて推測するしかない。

その辺、アカデミックな世界をお手本にした流儀とは大きな隔たりがあります。どちらがいいかを決めようとすれば衝突が起きるのは当たり前だし、流儀の異なる方に自分の流儀を押し付ければ反発が起きるのも当たり前です。

やり込みに特別な権威があるわけではなく、やり込みを楽しむ人にやり込み人口拡大は支えられていると思うので、「面白いメディア」が強いのは自然です。ですからRTAも動画を見て、やりたい人はそれを見て自分なりに分析して…というふうになっていくのかもしれません。レポートに現れないプレイングの腕とかもあるから、実際に見ることでしか得られない情報もありますよね。ここら辺も録音物と楽譜の関係によく似ています。

ゲーム研究会的には、音楽で言えば「ライブ」に相当するRTA大会をやるとともに、たいていそれらの事後レポートをコミックマーケットで売る会誌に載せて販売しています。

アカデミックな流儀の良さを信奉するのであれば、レポートのフォーマットをちゃんと決めて、それに則ってレポートを公開していくという流儀を、そちらの方がいいと信じる人が実践していって広めていくしかないように思えます。その流儀が結果的にすごい作品を生み出して、その流儀を尊重して動画配信などで面白いプレゼンもできたとすれば、その流儀の価値が認知されていく…そんな感じなのだと思います。

それか、レポートが文芸として成り立つ…つまり読んで面白いレポートを残すというもう一つの道もあるかも。「読み物」として優れたやり込み作品を残す例は、極限攻略研究会の一部の本などをはじめいくつか私も知ってます。が、そうした才能(例えば木村昌弘さんとか…)はだいぶ貴重ですので、そちらの道が定着することはない気がします…。

コメント

このブログの人気の投稿

自宅録画サーバー再構築マニュアル(ソフトウェア編)

2015年のアニメも4月新番がぼちぼちと放映開始しだしました。
困った時にサーバーを迅速に再構築できるようにするための備忘録。OSはUbuntu Desktop(バージョンは、これを書いた時点で14.10)はとします。

ストレージをたくさん積んでいるマシンなため、録画サーバー以外にもTime Machineのバックアップ先などの用途を持たせています。それも含めて記しておきます。

ストレージの構成容量単価が現時点で一番安かった3TBのHDD複数台をストレージとしてサーバーマシンに搭載。ファイルシステムはBtrfsです。
Btrfsは正式版のリリースはまだとはいえ、SUSE Linuxなどで標準採用されているなどの実績を信頼して採用します。メリットとしてはファイルシステムにRAID+LVM相当の機能が組み込まれていること、スナップショット、そして透過圧縮のサポートです。今回は3TBのHDD4台をRAID10にしました。(RAID5/6はまだテスト以外には使うなと書いてあります)

やることとしては
aptでbtrfs-toolsをインストールmkfs.btrfsコマンドでストレージのフォーマットマウントポイントを決める(/media/btrfsdなど)必要に応じてサブボリュームを作成/etc/fstabを編集し、起動時にマウントするように設定。必要に応じて/etc/hdparm.confを編集。spindown_timeなどを適宜設定。
LinuxにおけるBtrfsのストレージプール、サブボリュームとスナップショットの管理方法 (パート 1)LinuxにおけるBtrfsのストレージプール、サブボリュームとスナップショットの管理方法 (パート 2)Btrfs - ArchWikiなどが参考になります。

リモートログインキーボードやマウスをサーバーごとに用意するのは鬱陶しいですからね。

SSHapt-get install ssh/etc/ssh/sshd_configを編集。PermitRootLoginをnoに、PasswordAuthenticationをyesに。パスワードなしでログインできるように設定(ssh にてパスワードを使用しないでログインする方法とか参考に) ssh_configのPasswordAuthenticationをnoに。VNCだいたいsshがあれば用足…

C90 3日目

C90に参加してます(ジャストナウ)
頒布作品リストをまとめました。

【新譜】
Sekaiju no MeiQ: Piano Pieces 3.5 ¥200

世界樹5の前半通常戦闘曲のピアノ・カバー音源CDと楽譜セットです。 なんともう出た。1曲だけですが……

【既刊】
Sekaiju no MeiQ: Piano Pieces vol.1〜3
1が¥200、2・3が¥300
同じく世界樹シリーズのピアノカバー作品。こちらはいずれも3曲収録で、音源CDと全曲楽譜セットです。

7th Dragon Arrange Tracks volume EIHORT ¥200
ナナドラ電子音楽カバーアルバム。2曲収録

転 ¥500
サガシリーズのアナログモノシンセ多重録音カバーアルバム。6曲収録

スペースナンバーは西3ホールi07aです。「西いおな」って覚えてください。よろしくお願いします。

M3 2016秋参加します。

明日(2016/10/30)東京流通センターで開催されるM3に参加します。

頒布する新譜のデモです↓


全2曲ですがおよそ50分収録のアンビエント作品のCDをリリースします。

新譜「Protoplasm」予価300円
Cytosol 28:40Vacuole 21:50
今回はmoog mother-32とmake noise 0-coastという2台のセミモジュラーのシンセの音にディレイ、リバーブを加えた1発録りスタイルで制作しており、DAWは録音と最後のマスタリングのみで使っています。
無心になって聞くのもよし、作業用BGMに使うもよし、瞑想的な感じの音になっております。

また夏コミ新作だった世界樹5通常戦闘曲のピアノアレンジ作品も持っていきます。その他旧譜各種取り揃えております。ぜひ遊びに来てください。ブース番号は「第2展示場 ケ-05b」です。お待ちしております。