スキップしてメイン コンテンツに移動

Making of Recovery TA [10] -- リーフレット作成とか

リカバリーTAでは、ゲームをある程度すすめて、しかもやや不自然な状態に(と作った人が言うのもどうかと思いますが)して、そのプレイデータを問題としてプレイヤーに提示します。プレイヤーはそのデータを実際に触りながらどのようなデータであるかを短時間のうちに把握しなければいけません。一方それを見ている観客も、どのようなデータであるかがわからないと、ちゃんと理解しながら観戦するのが困難になってしまいます。

ですから観客にあらかじめどういうデータなのかある程度知ってもらうことが観戦上重要です。そのために毎回問題の簡単な説明を記したリーフレットを作成し、配布しています(内容をプレイヤーに言わないでください、との注意付きで)。

ですがプレイヤーはデータを見るまで内容を知らない問題を、観客にあらかじめ説明してしまうことは観客を問題作成班側の立場に引き寄せてしまわないかと心配です。できればプレイヤーと一緒に問題データを見てはじめてわかる驚きや問題の難しさを共有してほしい、また問題作成班の視点でない客観的な視点をそれぞれ持って観戦してほしいという思いもあるので、ちょっと複雑な気分です。

ゲー研が主催するリカバリーTAではメモリーカードを持参してくだされば、極力問題データのコピーを行うようにしています。なぜそれをやるかというと、観戦された方々にはぜひ問題を自分のうちでロードして実際に触ってみてほしいという考えがあるからです。実際にやると、ただ見ているより、文字で書かれた解説を読むより、どんなデータなのかよくわかって、プレイヤーの気持ちが多分よくわかります。データコピーまじおすすめ。これは強調しておきたいと思います。

リーフレットの話に戻ります。リーフレットはページも限られるので問題のクリア条件、データロード時のイベント進行状況やレベルなどパーティの強さを代表する数値、それから問題を実際に解いていくとどういう流れが予想されるか、そのうえで見所はどこなのか、といったことを大まかに書きます。問題のデータが完全にfixされてからでないとリーフレットの内容も確定しないので、必然的に本番直前の作業になるのです。

1日のスケジュール、当日の段取りなどを決定するのも大体は本番直前です。問題の制限時間はその段階でこれまではある程度適当に決めていたのですが…今年はもう少し緻密な手段で決定してみたいと思っています。

さて次回は…本番の話かな?もう少し続く予定です。

コメント

このブログの人気の投稿

自宅録画サーバー再構築マニュアル(ソフトウェア編)

2015年のアニメも4月新番がぼちぼちと放映開始しだしました。
困った時にサーバーを迅速に再構築できるようにするための備忘録。OSはUbuntu Desktop(バージョンは、これを書いた時点で14.10)はとします。

ストレージをたくさん積んでいるマシンなため、録画サーバー以外にもTime Machineのバックアップ先などの用途を持たせています。それも含めて記しておきます。

ストレージの構成容量単価が現時点で一番安かった3TBのHDD複数台をストレージとしてサーバーマシンに搭載。ファイルシステムはBtrfsです。
Btrfsは正式版のリリースはまだとはいえ、SUSE Linuxなどで標準採用されているなどの実績を信頼して採用します。メリットとしてはファイルシステムにRAID+LVM相当の機能が組み込まれていること、スナップショット、そして透過圧縮のサポートです。今回は3TBのHDD4台をRAID10にしました。(RAID5/6はまだテスト以外には使うなと書いてあります)

やることとしては
aptでbtrfs-toolsをインストールmkfs.btrfsコマンドでストレージのフォーマットマウントポイントを決める(/media/btrfsdなど)必要に応じてサブボリュームを作成/etc/fstabを編集し、起動時にマウントするように設定。必要に応じて/etc/hdparm.confを編集。spindown_timeなどを適宜設定。
LinuxにおけるBtrfsのストレージプール、サブボリュームとスナップショットの管理方法 (パート 1)LinuxにおけるBtrfsのストレージプール、サブボリュームとスナップショットの管理方法 (パート 2)Btrfs - ArchWikiなどが参考になります。

リモートログインキーボードやマウスをサーバーごとに用意するのは鬱陶しいですからね。

SSHapt-get install ssh/etc/ssh/sshd_configを編集。PermitRootLoginをnoに、PasswordAuthenticationをyesに。パスワードなしでログインできるように設定(ssh にてパスワードを使用しないでログインする方法とか参考に) ssh_configのPasswordAuthenticationをnoに。VNCだいたいsshがあれば用足…

C90 3日目

C90に参加してます(ジャストナウ)
頒布作品リストをまとめました。

【新譜】
Sekaiju no MeiQ: Piano Pieces 3.5 ¥200

世界樹5の前半通常戦闘曲のピアノ・カバー音源CDと楽譜セットです。 なんともう出た。1曲だけですが……

【既刊】
Sekaiju no MeiQ: Piano Pieces vol.1〜3
1が¥200、2・3が¥300
同じく世界樹シリーズのピアノカバー作品。こちらはいずれも3曲収録で、音源CDと全曲楽譜セットです。

7th Dragon Arrange Tracks volume EIHORT ¥200
ナナドラ電子音楽カバーアルバム。2曲収録

転 ¥500
サガシリーズのアナログモノシンセ多重録音カバーアルバム。6曲収録

スペースナンバーは西3ホールi07aです。「西いおな」って覚えてください。よろしくお願いします。

M3 2016秋参加します。

明日(2016/10/30)東京流通センターで開催されるM3に参加します。

頒布する新譜のデモです↓


全2曲ですがおよそ50分収録のアンビエント作品のCDをリリースします。

新譜「Protoplasm」予価300円
Cytosol 28:40Vacuole 21:50
今回はmoog mother-32とmake noise 0-coastという2台のセミモジュラーのシンセの音にディレイ、リバーブを加えた1発録りスタイルで制作しており、DAWは録音と最後のマスタリングのみで使っています。
無心になって聞くのもよし、作業用BGMに使うもよし、瞑想的な感じの音になっております。

また夏コミ新作だった世界樹5通常戦闘曲のピアノアレンジ作品も持っていきます。その他旧譜各種取り揃えております。ぜひ遊びに来てください。ブース番号は「第2展示場 ケ-05b」です。お待ちしております。